マウスをのせるとアイコンなしの地図にかわります
TOP・野毛山動物園のあらましトピックス動物たちの紹介園内ガイドと注意開園時間・休園日・入場料など開園時間・休園日・入園料などの情報よくある質問・Q&A
わたしたちは野毛山動物園を応援します
レッサーパンダ 京浜急行「日ノ出町駅」から徒歩10分、桜木町駅から15分と交通アクセス抜群のロケーションなのに自然がゆたかな動物園、横浜市立野毛山動物園をわたしたちは応援します。
こんな身近な場所にこんな素敵な動物園があるなんて、すばらしいことですね。
それになんと入園無料なんです。日帰りの散策スポットやデートコースにだってオススメです。利用しないなんてもったいない!
起伏に富んでいてみどりもいっぱい。それでいてバリアフリー対応でトイレだってきれいです。

野毛山動物園のおいたちと概要
アミメキリン 野毛山動物園は1951年(昭和26年・当時の名称は野毛山遊園地)4月1日に開園しました。みなとみらい21地区を眼下に見下ろす高台にある、野毛山公園(総合公園)の中にあります。面積は3.3ヘクタールで、公園全体は9.6ヘクタール。
園内はもと日本庭園の名残があり、起伏に富んでいて、各動物舎も起伏をうまく利用して建てられています。
周辺には横浜市中央図書館などがあり、ちょっとしたお散歩コースになっています。1999年度(平成11年)から改修工事を行い、2002年(平成14年)11月にリニューアルオープンしました。2006年3月現在で104種、1,123点の動物が収集されています。

園内にはキリンやライオンなど親しみのある動物をはじめ、は虫類や鳥類を展示しています。
動物との距離が近く、動物の身体のつくりや動きを細かいところまで観察できます。
園内は、散策感覚でひとまわりできるほどの広さです。小さなお子様からお年寄りまで、家族連れでお楽しみいただける、気軽な動物園です。

公式サイトはこちら
野毛山動物園の公式サイトはこちらからお入りください。
住所:〒220-0032 横浜市西区老松町63-10
TEL:045-231-1307 FAX:045-231-3842


掲載マップは動物園で配布されている印刷物を元に作成されたものです。ロゴマークは当社が独自にデザインしたものです。文章は野毛山動物園公式サイトおよび配布パンフレットを参考にしています。