サイト内検索:   


リンリンと○○と 


上野のぱんだのリンリンが死んでしまいました。
30代の私たちにしてみれば、上野からパンダが
いなくなってしまうことは、とても寂しい感じがします。




でも動物はいつでも、どこかで死んで、どこかで生まれています。
当たり前のことですが、政治も国際関係も関係なく、
どこかで死んで、どこかで生まれています。



動物園も、常にその矛盾と葛藤の中で運営されています。
パンダは年間レンタル1億円?

動物園のあるべき姿って、何が正しいんでしょう。
そんな理想論に結論は無いですが、
なんか考えずにはいられない!


[ コメントを書く ] ( 73 views )   |  [ 0 trackbacks ]   |  このエントリーのURL

<< <Back | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | Next> >>